チャイルドシートを正しく取り付けて使用しましょう

東海千葉保険

東海千葉保険 トップ >>>  

 

 

子どもの成長に合わせて、乳児用のシート・幼児用のシート・児童用のシートと、適切に交換をする必要があります。製品によって、取り付け方や着用の仕方に違いがあります。

 

<注意すべきポイント>

○チャイルドシートは、後部座席に取り付けましょう!

○乳児用のシートは45度の傾斜で取り付ける。

○取り付け用の腰ベルトをしっかり締める。

○乳児用・幼児用のシートの肩ベルトは、身体にぴったりと着ける。

 

<乳児用のシート>

子どもが生まれて初めて車に乗るときから、乳児用のシートで守りましょう。

<幼児用のシート>

体重が10kg を超え、乳児用のシートが窮屈そうになったら幼児用のシートに交換しましょう。

<児童用のシート>

幼児用のシートが窮屈そうになったら、児童用のシートに交換しましょう。
背の低い子どもが大人用のシートベルトを使用していると、急ブレーキ等の衝撃があったとき、腰ベルトで腹部を圧迫したり、肩ベルトで首を絞めたりしてしまう危険性があります。

子どもが6歳を過ぎても、身長が135~140cmになるまでは児童用のシートを使用しましょう。

 

こどもを車に乗せるときは、交通事故や急ブレーキ等の衝撃から身体を守るため、チャイルドシートを正しく取り付けて使用しましょう。

 

トレナビ 東海千葉保険
   http://www.tre-navi.jp/tokaichiba

トレたて 東海千葉保険
   http://www.tre-navi.jp/toremach/?cat=1929

《 トレナビ Facebook 》
   https://www.facebook.com/treadnavigation

 

☆お問い合わせ先・取扱・募集代理店☆

有限会社東海千葉保険

0439‐55‐1834