ミネラル不足が現代病・生活習慣病の原因(7)

ガイアロックス

ガイアロックス トップ >>>  

 

現在わかっている主なミネラルの働き

体内の各種ミネラルが不足すると酵素がうまく働いてくれず、
いろいろな内臓障害が起こる可能性があり、様々な病気を誘発すると言われています。

 

各種ミネラルには以下のような働きがあると言われています。

 

タングステン(W)

モリブデンと協力してヘモグロビンの触媒作用、尿酸や脂肪の分解、代謝促進及び還元、発がん物質の代謝、活性酸素の消去

【不足すると起きやすくなる症状】

ガンになりやすい、酸性体質、関節痛、腰痛、風邪を引きやすい

 

白金(Pt)

活性酸素の消去はミネラル中最大、塩素・尿酸の消去、血液・体液の酸化還元をし老化を抑制、有害菌の殺菌及び排泄、ウィルス活性の抑制

【不足すると起きやすくなる症状】

免疫力低下、老化の促進、痛風、ウィルス性肝炎、ガンになりやすい、動脈硬化、下痢や便秘

 

金(Au)

活性酸素を正常な酸素に還元、老化細胞の代謝物質尿酸をビタミンB1との協力でエネルギーに還元し、血液や細胞をクリーンにする

【不足すると起きやすくなる症状】

リュウマチになりやすい、脳疾患、アトピー、植物・金属アレルギー、心臓・肺疾患、高血圧症、糖尿病

 

摂取しづらくなったミネラルを超ミネラル飲料で補給!

超ミネラル飲料「ガイアロックス」についてはこちら

http://www.gaiarox.co.jp/