BMW 535i (F10) オーバーヒート・オイル漏れ修理

国際自動車商会

国際自動車商会 トップ >>>  

 

BMW 535i (F10)作業事例となります。

オーバーヒートされたということからのご入庫で、

作業を進めているうちに、エンジンオイルの漏れも確認。

 

 

こちらエンジンオイルのプレッシャーレギュレーターバルブ。

昔はポンプの圧力が大きくなりすぎると

レリーフバルブというバルブが開いて圧力を調整していたのですが

最近は燃費効率を上げるためでしょうか、

電気的に圧力を微調整しています。

このプレッシャーレギュレーターバルブの不良を確認、

ドイツ本国から部品を取り寄せさせての作業完了となりました。

 

 

最新システムを搭載している車のエンジンルームは、

手を通す隙間が少なく、作業も一苦労です・・・

パワステもモーターで動かす時代、電子デバイスてんこ盛りです。

 

BMWの整備でお困りの方はぜひ弊社に気軽にお問い合わせください。