タイヤの空気圧、大丈夫ですか?

アシスト

アシスト トップ >>>  


 

空気圧が規定より低いとタイヤと道路の接地面積が増えるので燃費が悪くなります。

もちろん接地面積が大きければタイヤの寿命も縮まります。

いいことないですね。タイヤの空気圧は適正に入れましょう。

ちょっと高速乗るから自分で空気圧測っとこうかな・・・なんてときありますよね?

その時は既定のプラス10%入れるようにして下さい。

なぜか。

タイヤの空気圧の適正数値が書いてあるシールはタイヤが冷えた状態での数値が書いて

あるんです。

「指定空気圧」の表示と記載場所

多くのクルマでは、運転席ドア開口部の下部分や給油口に、車両指定空気圧を表示したラベルが貼付されています。

※車種によって表示位置が異なりますので確認ください。

皆さんタイヤを外してスタンドに持って行きませんよね?

走っていく間にタイヤが暖まって空気が膨張します。

逆に家に帰ってしばらくすると、冷えてしぼみます。

しぼむ分もあらかじめ入れておかないといけませんのでプラス10%。

 

ただし !

セルフスタンドに置いてある機材にはメンテナンスが行き届いていないものを見かけます。

もちろんすべてではありませんが。

空気を入れるポンプのメーターが壊れていたら当然適正な空気圧にはできません。

時間に余裕があるときは我々のような整備工場で見てもらうことをお勧めします。

ご相談お待ちしております。

 

 

地域応援企業とは?
http://www.tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php


トレナビ アシスト
   http://www.tre-navi.jp/assist

トレたて アシスト
   http://www.tre-navi.jp/toremach/?cat=2108

《 トレナビ Facebook 》
   https://www.facebook.com/treadnavigation

 

☆お問い合わせ☆

株式会社アシスト

<自動車> 0120-704883 (なおしやさん)

<保険> 0120-893704 (はやくみなおし)

 

トレナビTOP >> 千葉県 >> 君津市 >> アシスト >> タイヤの空気圧、大丈夫ですか?