町の魅力を感じられる「おおいそめぐり 2018 スタンプラリー」・大磯町

大磯町

おおいそめぐり2018 スタンプラリー チラシ

 

大磯町は、「湘南」発祥の地であり、明治期以降には伊藤博文をはじめ、
8人の総理大臣が居を構え、初代軍医総監松本順が海水浴場を開設するなど歴史的、
文化的な”薫り”が残る町です。
様々な”薫り”を町全体で楽しみ、町の魅力を感じられる3つのテーマに沿った
スタンプラリーを開催します。

 

★開催期間
平成30年9月28日(金曜日)~10月28日(日曜日)
※月曜日は休止とします。
※月曜日が祝日の場合は開催し、翌火曜日を休止とします。

 

★参加方法
1.駅前観光案内所及びコース内の各施設にある「台紙」を入手しよう。
2.各コース3か所のスタンプ(Cコースのみ写真)を集めよう。
3.交換場所で台紙のスタンプ欄(Cコースは写真)を見せ、
各コースオリジナルの記念品をもらおう。

 

★記念品交換場所
鴫立庵(大磯町大磯1289番地) 9時~17時まで

 

★おおいそめぐり2018 参加ルール
各施設に向かう道は、近隣の方も利用されます。
歩行時のマナー・交通安全についてご協力をお願いします。
1.交通ルールを守りましょう。
2.道路は横に広がらないで歩きましょう。
3.通行する人の妨げにならないように、譲り合う心をもって歩きましょう。
4.写真を撮影するときは、車道に出ないようにしましょう。
5.ごみは持ち帰りましょう。歩きたばこや空き缶・ペットボトルのポイ捨てはやめましょう。
6.他の方の迷惑になるような行為はやめましょう。

 

★その他
1.スタンプの押印は、各施設の開館時間内となります。詳細は、コース紹介をご覧ください。
スタンプのある施設には、「さあ、大磯で君の物語をはじめよう」ののぼり旗が
設置されています。
2.鴫立庵での記念品の交換は、9時から17時までです。時間外の記念品交換はできません。
3.記念品の交換は、期間中の先着順となります。記念品交換終了後も期間中は、
スタンプを押すことができます。
4.鴫立庵・旧吉田茂邸は有料施設です。
(但し、鴫立庵での記念品交換のみの場合は入庵料はかかりません。)

 

★コース紹介
Aコース オブジェめぐり
町内施設ゆかりの「言葉」や「エピソード」をデザインしたオブジェをめぐるコース。
オブジェは全部で9つ。お気に入りの一つを見つけてみませんか?

Bコース 島崎藤村めぐり(文豪とアルケミストタイアップ企画)
平成30年が明治元年から起算し150年という節目の年であることから、
明治生まれの文豪島崎藤村のゆかりの地を巡るコースを設定。
DMM GAMESが提供するゲーム「文豪とアルケミスト」とのタイアップが実現。
施設をめぐり藤村に会いに行こう。

Cコース カラーマンホールめぐり
明治時代に下水道法が制定され、大磯町が「相模川流域関連大磯公共下水道事業」に着手して
30年という節目の年であることから、下水道カラーマンホールのふたをめぐるコースを設定。
大磯の魅力が詰まった一枚を写真におさめよう。

 

★お問合せ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)

 

★詳細はホームページをご覧ください↓
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/isotabi/matsuri_event/event/oisomeguri2018.html#a5

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation

トレたて 大磯町
   http://www.tre-navi.jp/toretate/?cat=925