オール木更津ロケ・映画『キミサラズ』下北沢トリウッドにて2週間限定公開

時を超えた恋物語を、オール木更津ロケにて完成!

『キミサラズ』ポスター画像

 

木更津・上総の文化発展の為に「かずさ映画製作委員会」を発足し、企画がスタートした。
木更津が舞台となった歌舞伎の名作「与話情浮名横櫛」を物語に落とし込み、
上総出身で明治末期から大正に掛けて活躍された肖像画家・柳敬助氏をモチーフに
夢を追いかけ故郷を後にした男と故郷に残らざるを得なかった初恋の女性の
時を超えた恋物語を昨年春、オール木更津ロケにて完成させた。

 

本作でプロデューサー、共同脚本、出演の3役を務めたのは俳優・脚本家のカマチ。
2007年に製作した映画『カマチョップ』は全国にて劇場公開後、
ニューヨーク・東京フィルムフェスティバルにて上映され、
後にDVD化されるなどインディペンデント映画の金字塔を打ち立てた。

 

監督は『東京失格』で第25回バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガーコンペティションノミネート、
第36回ロッテルダム国際映画祭正式招待、Cinema Digital Seoul 2007観客賞を受賞、
2013年には『恋人たち』を制作しハンブルグ日本映画祭にて上映された井川広太郎。
本作ではハイスピードでのモンタージュ・シークエンスを効果的に配し、独特な世界観を構築した。

 

主演はデビュー以来、多くの映画監督たちに起用され続けている長宗我部陽子。
時空を超えて初恋を想い続ける女性・海子(あこ)を見事に演じた。
また、海子が出会ってきた人たちを実力派俳優たちが演じ、
さらに海子の人間像を浮かび上がらせている。

 

<<ストーリー>>
1950年代頃の木更津。「一流の画家になって、これが自分の絵なんだって胸を張れる様な、
そんな絵が描ける様になったら直ぐに戻って来る」
強い意思で同級生で恋人の海子を見つめる京介。

キミサラズサブ1

 

それから20年の歳月が経ち、木更津に残り地元の実業家―御神本に見受けされた海子は、
幼い頃からの憧れである芸者への夢も途中で諦め、自堕落な人生を歩んでいた。
又、東京に身を置いた京介は、芸術と商業との狭間に立たされ、厳しい現実にさらされながらも、
自身の芸術に対しての頑なこだわりを持ち続け『自分の納得できる絵』を模索し続けていた。

キミサラズサブ6

 

そんな京介の元にそこに居る筈の無い海子が突然姿を現し、驚く京介を尻目に
あたかも共に東京で生きて来た様に生活を始める。
夢なのか現実なのか?お互いに強い想いを寄せる二人が起こしたパラレルな世界。
何時しか描き上がる一枚の絵『キミサラズ』。

キミサラズサブ4

 

一方、木更津の海子の元には同級生の和田から『同窓会』のハガキが届けられ、
東京の京介との再会の日が近付く。

現実の世界で二人は再会する事が出来るのか?
そして、一枚の絵『キミサラズ』に込められた二人の想いとは?
歴史と独特の文化を有する木更津の街を舞台に、時空を超えて届く愛の物語。

キミサラズメイン

 

 

キャスト&スタッフ
長宗我部陽子
カマチ/高川裕也/辰巳蒼生
四天王寺紅/高橋卓郎/園部貴一/山本哲平/川野弘毅/岩本淳/野澤いっぺい/中野順一朗/怜花/今田竜人

 

監督:井川広太郎
企画・原案:カマチ プロデューサー:カマチ/岩本光弘 脚本:カマチ/井川広太郎 撮影・照明:木村和行 美術:菊地実幸 録音:光地拓郎 助監督:迫田寿人
絵画:MASAKO ヘアメイク:榎本愛子 音楽・整音:UNpro by hideki 衣装協力:澤田尚樹 制作:奥地北斗
撮影助手:八木重憲 美術助手:安藤秀敏 監督助手:青木伸仁/梶川幸伸

 

協力:ホテル銀河/木更津会館/木更津市芸寮組合/證誠寺/木更津富士屋 季眺/木更津市民会館/村田本店/山田眼科医院/ビッグワンオート/
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院/綜和熱学工業/中村屋サロン美術館/美術ACADEMY&SCHOOL/ロード・トゥ・シャングリラ/マグネタイズ/P-kraft

 

制作・配給:プロダクション花城
製作:かずさ映画製作委員会
(2015/カラー/84分)

「かずさ映画製作委員会」公式Facebook:facebook.com/kazusaeiga

 

映画『キミサラズ』予告編

 

2017年 5/20(土)~6/2(金) 2週間限定上映
*火曜定休

下北沢トリウッド
http://tollywood.jp/next.html

 


全国とれたて情報 >> 千葉県 >> 木更津市 >> オール木更津ロケ・映画『キミサラズ』下北沢トリウッドにて2週間限定公開