神代桜まつり2017 開催!

 

jindaisakura_fes_01

 

日本三大桜のひとつ、山高神代桜の開花に合わせて開催されるお祭りです。
期間中はにぎやかな屋台や地元特産品の販売もあります!

 

jindaisakura_fes_02

 

 

樹齢およそ2,000年といわれる山高神代桜は、大正時代に日本で初めての国指定天然記念物となりました。

■神代桜・実相寺周辺案内図はこちら

 

神代桜まつり

【期間】4/1(土)~4/23(日) ※桜の開花時期に合わせるため、前後する可能性あり

【時間】8:00~17:00

【会場】実相寺(北杜市武川町山高2763)

【駐車場】普通車 300台(500円)/ 大型バス 11台(2,000円)

【問合せ】北杜市武川総合支所 tel:0551-42-1118

 

実相寺について

jissouji-174x1741

 

この寺は正式には日蓮宗大津山実相寺といい、ご本尊は十界勧請です。

永和元年(1375)、武川村大津にあった真言宗の寺を譲り受け、この時に日蓮宗に改宗し大津山実相寺と称しました。

その後、永禄4年(1561)川中島の合戦にあたって武田信玄は部下をこの大津にあった実相寺に遣わして武運長久の

祈願を命じ、永代祈願所として山高の現在地を寄進、そこへ移転して現在に至るといいます。

 

 

神代桜の宇宙桜

神代桜の種は地元の武川小学校の児童たちにより118粒採取され、平成20年(2008)11月にアメリカのNASAから

スペースシャトルに乗って、宇宙に旅立ちました。

宇宙ステーションで約8ヶ月間、無重力の中で過ごし、平成21年(2009)7月に宇宙飛行士・若田光一さんの手によって

地球に戻ってきました。

この種子を全部植えましたが、そのうち2粒が発芽し、そのうちの1本が現在実相寺境内に植樹されているものです。

なんと不思議なことに、この宇宙桜の一部の花には6枚の花びらが確認されているそうです。

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation

 

 

 

 


全国とれたて情報 >> 山梨県 >> 北杜市 >> 神代桜まつり2017 開催!