イルミ・秋冬イベント特集☆日本天台三総本山等の重要文化財等が11月一斉公開

shiga-2017-souhonzan001
(画像提供:日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会)

 

滋賀県の秋は重要文化財等の初公開や特別公開が目白押し!
日本天台三総本山(比叡山延暦寺・長等山三井寺・戒光山西教寺)等の
重要文化財等が11月一斉公開

 

 

日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会が実施している
「日本遺産‐滋賀・びわ湖‐水の文化ぐるっと博」の一環で、
11月には、日本天台三総本山の重要文化財等を含む全18件の文化財
滋賀県内一円で特別公開されます。

 

比叡山延暦寺では伝教大使最澄のご自作と伝わる釈迦如来像の
33年ぶり公開が先月に引き続き行われるほか、
長等山三井寺での三重塔初層内部の初公開、
戒光山西教寺の釈迦涅槃図特別公開など、
日本天台三総本山の非公開文化財が公開されます。

 

その他、“三方よし”の精神で知られる近江商人の本宅など県内各地にある、
普段見ることのできない文化財の特別公開が目白押しです。

 

「日本遺産‐滋賀・びわ湖‐水の文化ぐるっと博」は日本遺産に認定された
琵琶湖の「水文化」を中心に滋賀・びわ湖の魅力を発信するため
本年10月から3月末まで開催している観光キャンペーンです。

 

この期間中は、県内各地で「まち歩き」や「体験」など
約70のプログラムが展開されるほか、
神社、寺院等の特別公開など、滋賀・びわ湖の魅力を感じることができる
多彩な催しを展開します。

 

 

【主な特別公開】
(日本天台三総本山)
■比叡山延暦寺(世界遺産)〔滋賀県大津市坂本本町 4220〕

  ・初公開の内陣特別拝観 (期間:8月1日(火)~12月10 日(日))
  ・秘仏本尊釈釈迦来像特別御開帳 (期間:10月1日(日)~12月10日(日))
_prw_PI1im_pG938u36

(画像提供:日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会)
比叡山に広大な寺域を持つ、天台宗の総本山。
平成6年に世界文化遺産に登録されています。
奈良時代末期、19歳の最澄(さいちょう)(766-822)が、
比叡山に登り草庵(そうあん)を結んだのが始まりです。
戦国時代に織田信長によって、一山焼き討ちに遭いましたが、
豊臣秀吉・徳川家康の手によって復興された諸堂は、
数多く国宝・重要文化財の指定を受けており、
宝物類も目を見はる物ばかりです。

 

 

 ■長等山三井寺〔滋賀県大津市園城寺町33〕

  ・[重要文化財]三重塔初層内部(釈迦如来像)の初公開
  ・[重要文化財]非公開文化財唐院諸堂の公開
  (上記期間:11月17日(金)~26日(日))
_prw_PI2im_3mLT05nF

(画像提供:日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会)
天台寺門宗の総本山。
境内に天智・天武・持統の三天皇の御産湯に用いられたとされる
霊泉(井戸)があることから、「御井(みい)の寺」と称され、
後に「三井寺」と通称されるようになりました。
国宝の金堂を始め、西国第十四番札所の観音堂、釈迦堂、唐院など
多くの堂舎が建ち並び、国宝・重要文化財は一〇〇余点を数えます。

 

 

■戒光山西教寺〔滋賀県大津市坂本5丁目13番1号〕

  ・釈迦涅槃図特別公開(期間:11月17日(金)~26日(日))
_prw_PI3im_GPDHU4wj

(画像提供:日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会)
全国に約400余りの末寺を持つ天台真盛宗の総本山です。
幽玄静寂な空気が漂う境内には、念仏と鉦の音が低く響き渡り、
独特の雰囲気が漂います。
荘厳な風格を誇る本堂、伏見城の遺構を移したという客殿、
その内部の狩野派による人物・花鳥襖絵など、多くの見所があります。

 

 

■芦浦観音寺〔滋賀県草津市芦浦町363-1〕

  ・国指定史跡の芦浦観音寺の一般公開(期間:11月23日(木))

天台宗寺院の芦浦観音寺は、応永15年(1408年)に歓雅によって再興されたと伝えられています。
歴代住職のうち、特に芦浦観音寺三傑僧と呼ばれた八世賢珍・九世詮舜・十世朝賢らは
それぞれ織田信長・豊臣秀吉・徳川家康といった天下人と交わりを持っており、そのうち九世詮舜は、
秀吉より琵琶湖湖上交通を管理する船奉行に任命され、また、湖南・湖東地方を中心とした
蔵人地の代官を務めるなど、秀吉のブレーンとして活躍しました。
また、寺は周囲を堀で囲み、内部に石垣や土塁を配する一見して中近世の城郭を彷彿とさせる
特異な寺観を有します。

 

 

■その他、公開する文化財の情報は「ぐるっと博」のHPを参照ください。
【WEB】https://nijitabi.biwako-visitors.jp/

 

 

「日本遺産-滋賀・びわ湖-水の文化ぐるっと博」概要
日本遺産「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」の認定3年目にあたって、
この日本遺産を核とした観光キャンペーンを開催します。
県内各地の文化を体感できる「まち歩き」や「体験」、神社・寺院等の特別公開、
様々なイベント開催など、滋賀・びわ湖の魅力を感じることができる多彩な催しを展開します。

 

【期  間】平成29年10月1日(土)~平成30年3月31日(土)
【場  所】滋賀県内各地
【内  容】①イベント・特別公開:スタンプラリーやフリーマーケットなどのイベントや普段は
                                見ることのできない神社・寺院等の特別公開など。
      ②まち歩き:城下町や宿場町、寺院などの名所をガイドの解説付き観光等。
      ③体  験:十二単の着装体験やそば打ち体験等様々な体験教室など。
【主  催】滋賀県、日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会
【W E B 】https://nijitabi.biwako-visitors.jp/

 

告知(表)(3,491KB)
告知(裏)(1,892KB)

 

 

≪お問い合わせ≫
日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会
事務局:公益社団法人びわこビジターズビューロー内
〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2番1号コラボしが21 6階
TEL:077-511-1532 FAX:077-526-4393

 

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation


全国とれたて情報 >> 滋賀県 >> イルミ・秋冬イベント特集☆日本天台三総本山等の重要文化財等が11月一斉公開