新春・イルミ特集☆三重県総合博物館(MieMu)未記録種のハチ発見!!

mie

(画像提供:三重県庁)

 
三重県総合博物館(MieMu)のミュージアムフィールドで未記録種のハチが発見されました。
MieMuでは、年間を通じて定期的に敷地内のミュージアムフィールドで、
「みんなでつくろう!ミュージアムフィールドの実物昆虫図鑑」という事業を行っています。

 

昨年の9月9日(土)に実施した調査で採集したハチが日本未記録種で、
世界で2匹目の発見ということがわかりました。
世界で2個体しか標本がないこのハチについて実物標本とパネルにより紹介します。
ぜひご覧ください♪

 

発見されたハチについて
1997年に中国の雲南省から発見され、新種として発表された
「Neodryinus isoneurus Xu & He, 1997(和名なし)」という種で、
国内では未記録、世界で2匹目の発見ということがわかりました。
このハチは、国内ではきわめて珍しいNeodryinus属(和名 ホソクビカマバチ属)
呼ばれるハチの一種で、ハチ目カマバチ科に分類されます。

 
ハチの展示
展示期間: 開催中~平成30年1月31日(水)
展示場所: 三重県総合博物館2階 エントランスホール(三重県津市一身田上津部田3060)
展示内容:
・発見されたハチの実物標本1個体と拡大写真
・「みんなでつくろう!ミュージアムフィールドの実物昆虫図鑑」に関する解説パネル

 
三重県総合博物館(MieMu)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/index.shtm

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation


全国とれたて情報 >> 三重県 >> 新春・イルミ特集☆三重県総合博物館(MieMu)未記録種のハチ発見!!