新春・イルミ特集☆春の伝統行事 天念寺・成仏寺の火祭り「修正鬼会」

ooita

(画像提供:大分県)

 

大分県民でも驚く文化が盛りだくさん!古くから神と仏が複雑に絡み合う独特の聖域
2018年に開山1300年を迎える六郷満山

 

大分県国東半島にある寺院群の総称を「六郷満山」と呼び、神仏習合の文化
今日まで受け継がれています。
六郷は神仏習合の発祥といわれており、平成30年(2018年)に六郷満山は、
開山から1300年の節目を迎えます。
「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」は、国東半島の六郷山寺院を中心に行われてきた、
春を迎える伝統行事です。
「修正会(しゅしょうえ)」という正月法会と、鬼祭り、火祭りの行事が集合したと言われ
年の初めに仏や高僧の化身とされる鬼がたいまつの火の粉を参拝客に振り落とし、
家内安全、五穀豊穣、無病息災を祈願します。

国東半島の修正鬼会は、仏教儀式でありながら農耕儀式や庶民信仰を含んだ儀式として、
昭和52年5月に国の重要無形民俗文化財に指定されました♪

 

ooita2

(画像提供:大分県)

 

【日時】 天念寺:2018年2月22日(木)  成仏寺:2018年2月20日(火)
【場所】 天念寺:大分県豊後高田市長岩屋1152 成仏寺:大分県国東市国東町成仏1140−4
【問合せ先】 国東半島宇佐地域六郷満山開山1300年
誘客キャンペーン実行委員会 (TEL:0978-72-5007)

 

大分県ホームページ

http://www.pref.oita.jp/

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation


全国とれたて情報 >> 大分県 >> 新春・イルミ特集☆春の伝統行事 天念寺・成仏寺の火祭り「修正鬼会」