聖徳太子の時代の温泉・道後温泉「飛鳥乃湯泉グランドオープン!」

matsuyama

(画像提供:愛媛県松山市)

 

愛媛県松山市・道後温泉に「飛鳥乃湯泉」がグランドオープンしました。
3000年の歴史を誇る道後温泉は、有馬温泉(兵庫)・白浜温泉(和歌山)と並ぶ日本三古湯の一つです。
泉質はアルカリ性単純泉、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、

湯治や美容に適しています。
加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。

 

「飛鳥乃湯泉」の建物コンセプトは、西暦596年聖徳太子の来浴や、661年女性の帝 斉明天皇の行幸などの
物語や伝説が残る日本最古といわれる温泉にふさわしい、飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋です。
聖徳太子が道後温泉に来浴した際の明媚な風光をイメージし、
椿が生い茂っている「椿の森」や「湯の川」「温泉碑」を、再現。
回廊・広場・街路がひとつなぎとなった憩いの場で湯あがりにゆっくりお過ごしいただけます。
松山を訪れた際は「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」「道後温泉 椿の湯」の
3つの市営のお湯を是非体感してみてはいかがでしょうか♪

 

matsuyama2 matsuyama3

(画像提供:愛媛県松山市)

 

特別浴室には肌を出さずに入浴できる「道後湯帳」をご用意
湯帳とは、「ユカタビラ」ともいわれ、昔、一定以上の身分の方が入浴時に着用したと考えられています。
地元と帝人フロンティア㈱が協力して開発し、着たまま入浴しても水を吸わず、べたつかないのが特徴。
その上、湯上りに寒くならず、肌が透けにくい等の課題も克服し、約5年の歳月をかけて開発されました。

 

【道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 概要】
□名 称  道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
□運 営  指定管理者 道後温泉コンソーシアム
□住 所  愛媛県松山市道後湯之町19番22号
□定休日  年に1日臨時休業あり。
□駐車場  市営駐車場(道後温泉駐車場・道後温泉祝谷東町駐車場)などをご利用ください。

□お問合せ 道後温泉コンソーシアム 電話:089-932-1126(代表)
□飛鳥乃湯泉公式ホームページ  https://dogo.jp/onsen/asuka

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation


全国とれたて情報 >> 愛媛県 >> 松山市 >> 聖徳太子の時代の温泉・道後温泉「飛鳥乃湯泉グランドオープン!」