新春・イルミ特集☆冬の幻想的まつり・恋のご利益「三寺まいり」

hida

(画像提供:飛騨市)

 

200年以上続く冬の幻想的まつり“良縁成就”のお参りとして恋のご利益を願う人々で賑わう飛騨市 !

 

岐阜県飛騨市では、毎年1月15日、「三寺まいり(さんてらまいり)」が行われます。
「三寺まいり」は飛騨市に200年以上続く冬のまつりで、この1日、古川町市街地は、
たくさんの和ろうそくの光が照らし出す幻想的な雰囲気のなか、
三寺(円光寺、真宗寺、本光寺)をめぐる人々で賑わいます。

 

hida2

(画像提供:飛騨市)

 

開催日 : 平成30年1月15日(月)
会 場 : 岐阜県飛騨市古川町市街地

イベント内容 :
・門前市(まつり広場)12:00~21:00
=飛騨色満載の、食、工芸品・特産品の販売等の屋台が所狭しと並ぶ、

まさに飛騨の“おいしいところ”を満喫できるイベント。
※今年は、国際コンクール金賞受賞の飛騨地特産米の試食ブースも設置。

・千本ろうそく(瀬戸川沿い)16:00~21:00
=瀬戸川沿いに設置された長い燭台に、縁結び成就を願って女性た
ちが 和ろうそくを灯す行事。毎年、この美しい光景をおさえようと
プロ・アマ問わずカメラマンが数多く訪れる。

・雪像ろうそくの点灯(町目抜き通り)16:00~
=古川市街地各所に立てられた高さ2mもの雪像ろうそくが
点灯する様は、「三寺まいり」の名物的光景。

 

◇三寺まいり『千本ろうそく』
明治・大正の頃、野麦峠を越えて信州へ糸引きに行った娘たちが、

正月の帰省時に晴れ着で瀬戸川べりを巡拝し男女の出会いの場ともなったことから、
いつしか『恋愛成就のお参り』としても知られるようになりました。
新春明けの15日、この地は雪も深く静かな時期ですが、「三寺まいり」の日は、
お参りに訪れる人で賑わい、和服姿の女性たちの華やぎと

和ろうそくの幻想的な灯りが町を包みます。

 

◇ 「三寺まいり」をともす美しい灯りは、古川町老舗『三嶋和ろうそく店』の和ろうそく
「三寺まいり」では、町中に灯るたくさんの和ろうそくの灯りが幻想的で美しく、
飛騨の冬の風物詩ともなっています。古川町市街地の各所に設置される高さ2mもの『大雪像ろうそく』
瀬戸川沿いに女性たちにより灯される恋愛成就を祈る『千本ろうそく』
そして、『3つの寺に奉納された重さ13kgの和ろうそく』
優しい灯りで町中を幻想的な雰囲気で包む和ろうそくは、市内の老舗『三嶋和ろうそく店』
によるもので、日本でも10店あまりとなった和ろうそく店の中でもすべて手作りなのは
ここだけといわれる「三寺まいり」と共に伝統をつなぐ希少なろうそくです。

 

◇食の屋台や晴れ着レンタル(女性のみ)、えごまメニューの展開ほか当日は楽しみも盛りだくさん

イベントのもう1つの醍醐味 食と特産品の屋台が並ぶ門前市も毎年大賑わい。
岩魚の塩焼きや飛騨牛コロッケ、郷土食の五平餅鶏ちゃんから揚げなど、飛騨色満載の屋台群です。
加え、米・食味分析鑑定コンクール国際大会で金賞を受賞したお米の試食ブースを、
今年初めて設けます。全国的にも評価されている飛騨地域産のお米をぜひご賞味ください。
さらに、女性の方には、晴れ着のレンタルを利用し着物でお参りを楽しんで頂けます。
また、もう1つ今年初めての試みとして、飛騨市の特産物“えごま”を使ったメニューを
市内の飲食店で展開するも1月14日から21日まで開催します。
飛騨の特産“えごま”は、脳の活性化やエイジング効果が高い、今 注目の食材です。

 

≪「三寺まいり」豆知識≫ 
・『千本ろうそく』2色のろうそくのいわれ
瀬戸川沿いに無数の明かりが灯る『千本ろうそく』には白と赤の2種類があります。
恋愛成就の願いを込めておまいりする時には白のろうそくを灯し、
その願いが叶ったら次の年には赤のろうそくを灯すというならわしがあり、
赤いろうそくの数だけ幸せが生まれたと感じることができる、とても素敵な風習です。

 

問合せ先: (一社)飛騨市観光協会  TEL0577-74-1192
公式HP:  https://www.hida-kankou.jp/santera/

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation


全国とれたて情報 >> 岐阜県 >> 飛騨市 >> 新春・イルミ特集☆冬の幻想的まつり・恋のご利益「三寺まいり」