熊本県の猫島で暮らす猫たちの企画展・猫の目線でシャッターを切った「猫島ありのまま」開催中

熊本市

event_180104

 

 

熊本県の有明海・島原湾に浮かぶ猫島、湯島(ゆしま)で暮らす猫たちの写真などを展示する企画展、「猫島ありのまま 湯島から」が熊本市の新聞博物館にて2018年3月17日まで開催されています。

 

湯島とは熊本県上天草市に属する離島で、人口約300人に対して200匹ほどの猫が暮らす周囲6.5kmの小さな島。

江戸時代初期に起こった天草・島原の乱の際には、天草四郎をはじめとする一揆方の戦略上の要衝となった島で、天草と島原両軍の幹部たちが作戦を練っていた場所であることから、別名「談合島」とも呼ばれています。

 

猫島ありのまま 湯島から
300人の離島に猫200匹・・・人々の暮らしの中の猫達の百態がここに。

 

開催期間  2018年1月16日(火)~2018年3月17日(土)
午前10時~午後5時
(最終入場午後4時半)※日・祝日休館。

 

料金  無料

 

場所  新聞博物館(熊本市中央区世安町172 熊本日日新聞社内)

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation

トレたて 熊本市
   http://www.tre-navi.jp/toretate/?cat=1103