世界が認めた「心が洗われるような」懐かしい原風景!白川郷 合掌造り集落

白川村

759147_615

 

合掌造りは、日本の住宅建築様式の一つで手のひらを合わせた時の”合掌”の形のように見える大きな茅ぶき屋根を持つ「白川郷・五箇山の合掌造り集落」。
山や田んぼに囲まれた集落周辺を歩いていると、まるでタイムスリップしたかのような気分にもなる。
また、この地の風向きや日当たりを考えて南北を向くように建てられた家々には、昔の人々の知恵が随所に感じられ、季節ごとにさまざまに表情を変える里山の風景は、いつ訪れても新しい発見が待っている。
冬にはライトアップされた幻想的な集落の姿に出合うこともできる。
1995年に世界遺産に登録され、世界的にも有名な建築物の絶景だ。白川村荻町にある合掌造りの家々は茅ぶきの急勾配の屋根が特徴で、四季折々の表情と共に、昔懐かしい原風景を伝えてくれる。

 

■白川郷 合掌造り集落
住所:岐阜県大野郡白川村荻町
電話:05769-6-1311(白川村役場)
駐車場:約200台(村営せせらぎ公園駐車1000円/1回)
交通アクセス:東海北陸自動車道 白川郷ICより車で10分/名鉄バスセンターから岐阜バス高速白川郷線約170分 白川郷バスターミナルすぐ

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation

トレたて 白川村
   http://www.tre-navi.jp/toretate/?cat=1508