「市制施行10周年記念 加茂船屋雛まつり」を開催

木津川市

czMjYXJ0aWNsZSM1NTc0MiMxOTcyOTMjNTU3NDJfaVJnWm9zYXVCeC5KUEc

(画像提供:木津川市マチオモイ部観光商工課)

 

加茂船屋雛まつり実行委員会(地域住民、NPO法人ふるさと案内・かも、木津川市商工会)が、
上巳の節句に合わせて、JR加茂駅(京都府木津川市)にほど近い木津川市加茂町船屋・新町地域で
「市制施行10周年記念 加茂船屋雛まつり」を開催します。

 

JR加茂駅の西側に位置する船屋通り周辺の約50軒で雛人形が展示されるほか、
空き地や広場を利用した「KAMO-comeマルシェ」や、空き家を利用しての
展示・ワークショップなどの催しが予定されています。

 

また、3月3日(土)には、船屋通りを舞台に、「上狛キャッツ」が、
かつてこの通りを賑やかせたチンドン屋になぞらえ「お茶猫パレード」を実施します。

 

※「上狛キャッツ」は、演劇作品「上狛キャッツ」をきっかけに生まれた、演劇、美術、音楽など、
ジャンルを飛び越えて広がるアートプロジェクト。
木津川市の住民や劇団、現代アート作家、茶問屋などによって構成されています。
(参照:https://www.facebook.com/kamikomacats/

 

 

■市制施行10周年記念 加茂船屋雛まつりについて
日時:  平成30年3月2日(金)~3月5日(月) 各日10時~16時
場所:  船屋・新町地域(JR加茂駅西側)
主催:  加茂船屋雛まつり実行委員会
    (地域住民、NPO法人ふるさと案内・かも、木津川市商工会)
後援:  木津川市、(一社)木津川市観光協会

■今回のテーマについて
「茶がゆで雛まつり」
宇治茶の主産地に近接する商業地であったこの地域にとって、普段のお茶といえば番茶です。
番茶を使った「茶がゆ」をテーマに据えた今回は、雛飾りや、茶店での茶がゆなどの食べ歩きを通じて、
この地域の自然体を感じることができます。

■加茂船屋雛まつりについて
伊賀街道の宿場町として、また、木津川舟運の浜として船屋通りはにぎわいました。
旅籠屋はもとより、様々な業種が立ち並んだこの地域のにぎわいの再創出・活性化を図るため、
地域住民が主体となって雛まつりの取り組みを継続されており、今回で13回目の開催を迎えます。

 

 

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/treadnavigation

トレたて 木津川市
   http://www.tre-navi.jp/toretate/?cat=289